くりかえしてくりかえして ふわりと柔らかになる




a0329820_16550819.jpg




時に 緊張して 体を固くするも
時に 心閉ざし頑なになることも

それは 必要なこと と

冬の自然 から 
教えてもらった




a0329820_16551211.jpg




冬は 土を育てる 時季だそうだ


春に飛んで来る小さな種が
育つ土になるよう
ふかふかにしておくために
耕しておくの

そのために 
冷たい大気で凍らせ
大地を緊張させ 霜を立たし
陽で溶かして 大地を緩ませ
これを 
くりかえしてくりかえして
くりかえしたのち




a0329820_16551685.jpg




ふかふかな土に 育っていくの
温かくて種を包み込む 
母性の大地に


あのね
いつもいつも ふわふわゆるゆるなのは
だめというか ありえないの
なぜかというと
ふわふわはいつか固くなるから

あっ ずっと固いままもないよ

結局 ふわふわと固いを くりかえすことになるの
それが 生きもののサイクル


雪は 大地へ 人の立ち入りを制限
したいがために降らす
ぼやぼやしてたら春が来てしまうぞ と
良い土に育てるために集中したいがため
大地も がんばっているの
大目にみてあげて



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


霜柱が解けた土は ふわふわです。
あー こうやって自然は耕しているんだなーと
感動しました☆

ご訪問ありがとうございました110.png by三恵





[PR]
by miemie398 | 2018-02-11 13:33 | ポエム+フォト 癒詩 | Comments(0)