正反対の意味があるのね。(追記あり)


a0329820_18364577.jpg






さて ウエサク満月です。

満月には二面性の意味があると
言われていますが
今と正反対の時季の影響が
あるらしい。



今の季節なら
6月(双子座)→多湿 植物繁る 日が長い 春と夏の繋ぎ
       →広報 サブカル インプット 
この正反対の季節は・・・
12月(射手座)→乾燥 枯れ木(薪) 日が短い 秋と冬の繋ぎ
       →学問 アウトプット 

正反対の月 面白くて
全部の月 出してみた↓↓


1月(山羊座)→極寒乾燥 正月 晴れ着
7月(蟹座) →高温多湿 七夕夏祭り 浴衣
        
2月(水瓶座)→極寒ピーク 
8月(獅子座)→猛暑ピーク

3月(魚座) →冬と春の繋ぎ 
        寒さでガチガチな身体を緩ます。
9月(乙女座)→夏と秋の繋ぎ 
        火照りをクールダウンさせる。

4月(牡羊座)→春、最も快適 勢いよく咲くぞ!
10月(天秤座)→秋、最も快適 ゆっくり謳歌。

5月(牡牛座)→新緑の季節 種まき期
11月(蠍座) →紅葉の季節 収穫期


※「繋ぎの季節」→3月 6月 9月 12月(柔軟宮)
※「季節のド真ん中」→4月 7月 10月 1月(活動宮)
※「季節のピーク」→2月 5月 8月 11月(固定宮)


季節って面白いです。






a0329820_18365656.jpg






紫陽花を植えると 庭の土中の水分を
片っ端から きゅーっと 吸い上げる。

例えて言うなら“湿気取り剤”
みたいなもので
まさに 梅雨時のお花。

ガーデナーさんが言うには・・・
紫陽花の手入れは 
薔薇よりも大変なのだそう。
水分をよく吸うので 雨の日以外は
毎日お水をあげないといけなくなり
ほっとくと すぐ枯れるそう105.png
紫陽花って「超お姫様」ですね♡




ご訪問ありがとうございます110.png



[PR]
by miemie398 | 2018-05-29 19:29 | 月と天の伝言 | Comments(0)