人気ブログランキング | 話題のタグを見る

セオリツヒメとアマテラスオオミカミ


セオリツヒメとアマテラスオオミカミ_a0329820_14345120.jpg






水を動かす 雲を動かす
水の統括 水の女神 

それが瀬織津姫

雲を動かして雨を降らし
雲を散らし太陽を見せる

太陽がさんさんと照る時
その御姿は黄金色に輝くことから
太陽の女神とも称された

基本は水の女神
しかしある時は太陽の女神
ある時は雨の女神
水を動かして気象を操る
天の気を司る

地球の人間や生物には
太陽の光は強すぎる
その証拠に
直射日光に耐えられない
屋根を造り日陰が必要だ

太陽光を地球に合うように
調整をして届ける
調整の方法は水の力で
雲や霧によって行う
青空に白く浮かぶ雲
これは瀬織津姫の愛である

大地が汚れれば激しい風雨で洗う
穢れを水に写し一旦水を汚すも
浄化力で再び清らかな水に還る
天の水 地の水の流れのすべて
龍神たちを総動員し統括し
完璧なまでの循環が
日々人知れず行われている




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



瀬織津姫とは?というと
わたしの考察はいたってシンプルで
伊勢神宮で天照大神の荒御魂として
祀られている 荒御魂そのものです

では 荒御魂とは?というと
わたしの解釈は
「時に地球の(荒い)波動に合せて
実働的な働きを即す御魂のこと」と
とらえています
「荒」という字に「川」があるので
荒御魂=洗御魂のことだとも思う
(「粗」ではなく)
瀬織津姫は祓いと浄化の神様と
いわれていますよね




セオリツヒメとアマテラスオオミカミ_a0329820_06565778.jpg






天照大神の別の名前を
「大日孁貴神」といいます

「孁」には巫女との意味がある
そうです
天照大神には男神説があり
たしかに太陽は陰陽でいうところの
「陽」だから そうなりますね

けど 天照大神は
太陽神そのものというより
「太陽の巫女」というイメージが
わたしの中ではすっごい合致しました

陰が女性性なら 水は「陰」で
水神は間違いなく女神です

曇りや雨の日は 
当然太陽は出ていませんが
雲が消えれば「晴れ」になります


あっ!
このシステムが「太陽の巫女」だ!
で その役目は「水の女神」が行う
水の女神=瀬織津姫 です

↑は映画「天気の子」のシーンで
なるほど!とヒントを得ました
「今から晴れるよ」の名セリフね



セオリツヒメとアマテラスオオミカミ_a0329820_15362976.jpg






絵では
雲を動かして太陽が現れ
黄金色に照らされる瀬織津姫を
描きました
まるで天照大神のようです
結論は同一神です
瀬織津姫が隠されているというのは
そのシステムが知られていない
ということかもしれないです
封印されているというのは
津波を起こせるほどのパワーが強いから
「穏やかに」してくださいと
和御魂の天照大神のほうを
前面に出しているのでしょう

瀬織津姫の本質は 天津神ですが
国津神や縄文神の要素も持ちます
(スサノオが天津神だけど国津神みたいな)

ビジュアルの特徴は
ツインテールかポニーテールで
露出多めで あどけない顔立ち
足が長い!
↑これは譲れない特徴


通常は「青紫やピンク」色が
瀬織津姫らしい色彩です
(こちらの色彩でまた描いてみたい)




セオリツヒメとアマテラスオオミカミ_a0329820_12330163.jpg






ここまでは
あくまで「わたしの考察」です

絵は今年の1月13日頃に描きました
絵に描くと不思議と色々閃くのです
想像や文章だけでは
出て来ない情報まで出て来るのです



みえみえ より

公式HP ポエムアート 更新中

あなたに
沢山の良き事が↓↓降り注ぎますように♡
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ





by miemie398 | 2020-03-10 17:55 | みえみえの絵とリーディング | Comments(0)