2018年 02月 13日 ( 1 )


a0329820_13513710.jpg




2/16は新月で旧暦正月
昔の人(明治以前)はどんなお正月を
過ごしたのか興味があり
調べてみました。


★暦は旧暦(太陰暦・月の暦)を使用したので
現代の元旦より約1ヶ月先だった。
梅の花の咲く時季なので「迎春」と言われたのです。





a0329820_12412261.jpg





★現代でも日本以外のアジア圏は
旧暦正月のほうを盛大に祝う

日本では沖縄・長崎の中華街で
(ランタン・フェスティバル)
旧暦正月に派手なお祭りをしている。

★江戸時代の正月の過ごし方は
・初日の出を見て二度寝し昼頃起きる←いいな106.png
・正月の間は主に餅入り雑煮を食べ
おせちを作らないといけないとかは特になかった。
(御馳走を食べたいなら勝手にというスタンス)
おせちの風習は戦後からですよー
初詣には行かない!
何故なら 年神様が家に来てくれるから
行く必要がない
とのこと。
正月過ぎてから 吉方向の神社参りはしたよう。
晴れ着を着る。
年神様をお迎えする為にだそう。
・元旦に掃除をしてはいけない。
折角の福を掃き出してしまうからだそう。
・まとめると 初日見て晴れ着着て餅食って
ゆっくり過ごす。
基本これだけ。



現代のお正月は あまりにギチギチで
特に主婦の方は「楽しくなーい」と想うのでは?
ラッシュまみれで帰省したり
義家族に気を使ったり・・・・



年神様は旧暦のほうに
来る
んではないかなーと
今年は「福迎え」旧暦正月を
やんわり楽しんでみようかと思っています。


餅花飾りを作って 玄関に飾りました。
桜の頃まで飾る予定。




a0329820_13514890.jpg






a0329820_13513710.jpg





あと 和の飾りに惹かれて
集めています。
↓髪飾りにしています。




a0329820_13520014.jpg







a0329820_13520428.jpg





タッセル飾りが可愛い。
カーテンからバッグまで あちこち着けています。
豊かさを感じて 好きなのです☆





a0329820_13515571.jpg




雛人形を持っている人は
旧暦正月には飾っておくのがいいですね☆
年神様も喜びそうです。

ピンクとか赤とか
華やかに女の子チックにお飾り
して
やんわりと気張らずに
旧暦正月を楽しんでみたいと思います。

年神様は「お餅が好き」だそうなので
餅系は外せないよん110.png


ご訪問ありがとうございました110.png by三恵


小さい春、みーつけた!


[PR]
by miemie398 | 2018-02-13 14:44 | 暮らしと歳時記 | Comments(0)