人気ブログランキング |


a0329820_12411216.jpg




予想者 全員はずれ(笑)
新元号は万葉集から引用された言葉


『令和』




以前の記事で「ポエムイヤー2019」と綴った。
今年は射手座に位置する木星から
詩歌が流行るだろう。詩は射手座の管轄だから。

総理の会見で
「万葉集は貴族だけでなく庶民の歌もおさめられている。
皆が花を咲かせる時代」
との主旨で
お話されていた。

↑いい話だなーと想った。





a0329820_12505992.jpg






引用の和歌は


初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫す」


桜ではなく「梅」がポイント☆





古代の文献で

「桜とは本来は “梅” を指す」

と聞いたことがある。





ここからは わたし独自の裏解釈ですが

以前 元号には神話が盛り込まれている
と読んだ。
「昭和」→天照と大和
「平成」→平家を表す
「令和」にも「和」という文字があり
大和朝廷の匂いを感じます。
万葉集や梅は 
古代の中央「古都」を想い起す。
「令」から大宝律令を思い出した。





a0329820_12505256.jpg





日本という国を
本来に取り戻す

という強い意志を感じる
素晴らしい元号だと思います。

イニシャルだと「R」ですか。


みえみえ




by miemie398 | 2019-04-01 14:14 | まる見えのつぶやき | Comments(0)